ジスロマックは歯周病にまで使われる?

歯周病は突然発症する病気ではなく、徐々に進行する歯科疾患です。
主な症状は歯ぐき炎症と腫れ、出血や口臭などが存在し、症状が重度になると歯を支える骨が溶け、歯を十分に支えることが難しくなり、最終的には歯が抜け落ちることもあります。
重度になってから治療を開始すると時間と費用がかかるため、初期症状が現れた時点で治療を始めることが大切です。
歯周病を発症する原因は、プラークと呼ばれる細菌の塊にあり、酸素が少ない環境を好む性質から、歯と歯ぐきのすき間に潜みます。
プラークの中の細菌は毒素を放出することで周囲にある歯ぐきに炎症を生じさせます。
そのため、治療はプラークをコントロールして原因となっている細菌を除去するのが特徴です。

治療ではプラークコントロールで原因を除去するのと合わせて、薬を使って体の内側から歯周病菌を殺菌することもあります。
代表的な薬の一つがジスロマックで、様々な細菌に対して高い抗菌力を発揮する抗生物質です。
歯周病をはじめ、扁桃腺の炎症や中耳炎、肺炎や気管支炎など、細菌が原因で起こる病気に広く用いられています。
ジスロマックを服用すると、成分が胃腸から吸収された後に血液に取り込まれ、炎症が生じている部分に移動して留まるという性質があります。
この性質のおかげで、効き目を発揮したい患部だけに集中し、成分が体全体に広がりません。
歯周病治療では1日1回の服用を3日間続けるのが一般的で、少ない回数を数日間服用するだけで効果が持続するため、飲み忘れのリスクが低いメリットもあります。
ジスロマックは患部に成分が集中する特性から、副作用が非常に少ない薬です。
そのため、歯ぐきなどの炎症がひどく、痛みや腫れの症状が強い場合、鎮痛剤などと併用することが可能です。
高い効果を発揮させるためには、ジスロマックを服用するだけでなく、歯科医院でプラークや歯石をあらかじめ除去しておいたほうが、より効果的に作用を発揮できます。

ジスロマックで歯周病が完治するわけではない

ジスロマックは強力で安全性の高い抗生物質ですが、服用するだけで歯周病を完治させる薬ではありません。
歯周病の原因はプラークにあり、プラークが発生しやすい環境が改善されない限り完治させることは難しくなります。
プラークができるたびにジスロマックを繰り返し服用すると、薬が効きにくくなる耐性を持った菌が現れ、効果が低下してしまいます。
何度も使用するたびに耐性を持つ菌が現れる確率が高まるので、治療を行った後は再発させないことが重要です。
一度原因菌を死滅させた後も、歯磨きをきちんと行わないと、再び細菌が増えてし再発を招きます。

歯周病治療では、まず基本となる歯磨き指導を行い、さらに歯の表面に付いた歯石を除去します。
歯石は細菌のかたまりで、症状が重い場合、歯茎や骨の中にまで歯石ができていることがあるので注意しましょう。
特に歯石除去は歯周病治療の基本で、症状の重さにかかわらず、初めの治療では歯石除去を行います。
歯周病の症状が軽度の場合、歯並びや噛み合せを治療することで歯周病になりにくい環境を作り上げることが可能です。
歯並びが悪いと、歯の重なった部分にブラシが届かず、磨き残しにより歯石がつきやすくなり、歯周病を発症させたり悪化させる要因となるのです。
中度から重度の歯周病になると、原因菌の影響が歯ぐきや骨にまで達し、歯がぐらぐらしてきます。
歯と歯茎のすき間が広くて深くなり、その奥深くまで歯石ができている状況です。
すき間の奥にある歯石は表面から除去するのが難しく、手術によって歯茎を切開し、内部に溜まっている膿や歯石を取り出す必要があります。
症状が重い歯周病になっても、適切な治療を行えば症状の進行を止めることができ、ジスロマックも重要な役割を果たします。
しかしジスロマックだけで治療できる病気ではないため、薬を使うと同時に患者それぞれに適したアプローチを行うことが大切です。

このサイトについて

ジスロマックはファイザー株式会社が販売している抗生物質の1つで、副作用が少なく使いやすいことで有名な薬です。様々な細菌に対して効果を発揮する薬ですので、どの病気に効くか、服用方法などについて詳しく紹介していきます。

Ranking

ジスロマックは梅毒にも効く? ジスロマックというのは細菌による感染症に効く抗生物...続きを読む

148

ジスロマックSRの服用が空腹時推奨なのはなぜ? ジスロマックはクラリスロマイシ...続きを読む

104

クラミジアの治療にはジスロマック クラミジア感染症というのは、性行為などにより...続きを読む

81

耐性が高まっている淋病にはジスロマックが有効? 淋病は淋菌に感染して発病する性...続きを読む

69

ジスロマックはインフルエンザには効かない? インフルエンザにかかったときに処方さ...続きを読む

62